帝室技芸員

帝室技芸員 ( ていしつぎげいいん )

1890年に、皇室による日本美術、工芸の保護奨励を目的として定められた「帝室技芸員制度」により任命された美術家。
年金が給与され、制作を下命されることもあり、技術に関する諮問を受けることなどが定められた。
人格、技量ともにすぐれた者が任命され、美術家最高の栄誉と権威を示した。
1944年までに絵画 45名、彫刻7名、工芸 24名、建築2名、写真1名、計 79名が任命されたが、第2次世界大戦後この制度は廃止された。

明治23年(1890)に定められた制度で、皇室の美術・工芸品の制作をした美術家。
終生勅任待遇として年金を与えられた。
昭和19年(1944)以後消滅。