帝国美術院

帝国美術院 ( ていこくびじゅついん )

大正8年(1919)文部大臣管轄下に設立された、美術に関する諮問・建議機関。
帝展を主催。
昭和12年(1937)帝国芸術院に発展解消。

1919年(大正8)から37年(昭和12)まで、文部大臣の管理下に設けられた機関。
美術に関する諮問に答えること、建議すること、そして官設展(帝展)主催を役割とした。
1907年に発足した文部省美術展覧会(文展)も、大正期に入ると在野団体の独立などで弱体化し、審査にまつわる弊害も指摘され、改革を求める声が高まった。
そこで19年9月5日、勅令をもって発布されたのが帝国美術院規程である。
院長1人、会員15人で組織することが定められ、初代院長に森鷗外が任命された。