垂らし込み

垂らし込み ( たらしこみ )

日本画の技法の一。
色を塗って乾かないうちに他の色を垂らし、にじみの効果を生かすもの。
俵屋宗達の創案と考えられ、琳派(りんぱ)が多く用いた。
溜込とも書く。

日本画の彩色技法の一。
色を塗ってまだ乾かないうちに他の色をたらし、そのにじみによって独特の色彩効果を出すもの。
自覚的に用いたのは宗達が初めで、以後、琳派がさかんに用いた。