短冊

短冊 ( たんざく )

日本の四季折々に飾りかえられておりましたが、現在では需要もほとんどなくなりました。
茶掛けや書等は別ですが、一般的に絵が描かれている場合、 本紙は金地や銀地の作品に力作が多く、価格も高価なものがあります。
その他には、絹本地、紙本等があります。