竹屋町

竹屋町 ( たけやまち )

薄物の紗(しや)の地に金の平糸で織り込み、上品で美しい文様を表した布のことです。
掛軸の表装に用いられます。
江戸初期、中国人から技術を学び、京都の竹屋町で作り出されたことからこう呼ばれるようになりました。