高蒔絵

高蒔絵 ( たかまきえ )

漆蒔絵の技法の一つ。炭粉、砥粉をまぜ合わせた漆で模様を盛り上げて描き、
その上を金蒔絵の技法で仕上げます。平蒔絵から発展した技法です。
蒔絵には本当に多くの技法がありますが、それぞれの特徴が生かされた作風に使われ、高蒔絵は蒔絵を高く盛り上げ、目立つように描かれた作風のことで、知られている作家では、金城一国斎が高蒔絵では有名な作家です。