太閤検地

太閤検地( たいこうけんち )

租税賦課の基礎条件を明確にするため、豊臣秀吉によって天正 10 (1582) ~慶長3 (98) 年に行われた検地。なかでも文禄3 (94) 年に検地条目を制定し、翌年にかけて行なった検地は最も大規模なもので、特に文禄検地といわれる。この種の検地は、戦国大名らによってすでに諸分国でも行われたが、全国的規模で行われたのは秀吉に始る。この目的は、従前の荘園制的特権を打破し、各土地の収納を円滑にし、貢租の徴収を容易にするため、荘、郷、保、里など区々であった田制を統一して村制度を樹立し、また荘園制的所職を否定して耕地1筆ごとに1作人を原則として、すべての土地を画一的に領主に直属させようとするものであった。貢租収納枡も京枡に、石高、貫高の土地の単位を石高に統一し、また一段 (反) の収穫量をもって斗代および田品 (上、中、下、下々) を定める標準とし、6尺3寸を1間、1間平方を1歩、1段を 300歩とする制を定めた。土地により、現地実測によらず旧来の貫高から換算した「石直し」にとどまる場合もあったが、その効果は実測の場合と同様であった。この検地は、大化改新、地租改正、農地改革と並ぶ重大な土地制度上の変革であったから、その歴史的性格をめぐる太閤検地論争が学界をにぎわした。

豊臣秀吉が行った全国的な検地。天正10年(1582)開始。1歩を6尺3寸四方、300歩を1反、田畑の等級を上・中・下・下々の四段階と定め、枡(ます)を京枡に一定して石高を算定し、耕地1筆ごとに耕作者を検地帳に記載して年貢負担者を確定した。これによって荘園制下の所有関係が整理され、近世封建制度の基礎が確立された。天正の石直し。

豊臣秀吉の行った検地。天正(てんしょう)の石直しともいう。秀吉は1582年山城(やましろ)国の検地の後、検地奉行に浅野長政・石田三成らを任じ全国的に検地を施行。6尺3寸=1間の検地竿を使用し、1間四方を1歩(ぶ)、300歩を1反とし、石盛(こくもり)を行い土地の標準生産高を確定した。また耕地一筆ごとに直接耕作者を名請人(なうけにん)として検地帳に登録し、作合(さくあい)(中間搾取)を排除し、貫高制にかわって石高制に基づいた領主−農民関係を確定。これにより近世封建社会の基礎が確立した。