塔頭

塔頭 ( たっちゅう )

仏教用語。
寺院のなかにある個別の坊をいう。
寺院を護持している僧侶や家族が住む。
子院、わきでらともいう。

大寺院の敷地内にある小寺院や別坊。
脇寺(わきでら)。

塔中とも。
大寺のいわば寺内寺院。
とくに禅寺では高僧の基所に建てられた塔、またその塔を守るための庵をいう。
禅宗大寺の住持が十方住持制(門派にとらわれずに器量によって住持をえらぶ)で任命され、かつ官寺であっても、塔頭は塔主(たっす)の門徒が拠る私寺。

禅宗寺院の子院で塔中とも書く。
高僧の住房や庵居から発展し、その墓(塔)を守って弟子が相伝した。