正倉院宝物

正倉院宝物 ( しょうそういんほうもつ )

東大寺正倉院に保管される宝物。
天平勝宝8 (756) 年6月 21日聖武天皇の 49日忌に,光明皇后によって献納された天皇遺愛品 600点余を母体とし,これに平安時代の天暦4 (950) 年に東大寺羂索院の倉から移納された寺の什器類などを加え,約 9000点が3倉に分納されていた。
宝物の大部分は8世紀の遺品で、図書、文房具、調度品、楽器、楽面、楽服、遊戯具、服飾品、薬物、武器、武具、仏具、荘厳具、食器、年中行事具などに分類される。
これらの大半は日本で製作されたものであるが、大陸からの輸入品も多く,材料,意匠,技法の面で広くアジア全域からの影響がみられる。
奈良時代以降、天皇家および東大寺によって厳重に管理されてきたため,宝物の散逸、破損などの被害が少い。
1881年以降は宮内庁が管理を続け、1962年より鉄筋コンクリートの西庫に収蔵されている。
毎秋一部が奈良国立博物館で公開される。

756年に営まれた聖武天皇の七七忌(四十九日)にあたり、光明皇后が大仏にささげた天皇の遺愛品六百数十点が起源。
東大寺の正倉院宝庫に納められたが、薬物が治療用に使われたり、大量の武器が藤原仲麻呂(恵美押硝の乱(764年)で持ち出されたりした。
庫内に現存する宝物は約9千点で、1884(明治17)年から国が管理している。