硯箱

硯箱 ( すずりばこ )

硯や墨・筆などを入れておく箱。あたりばこ。
他に筆・墨・水滴・小刀・尺・暦その他を納めることもある。
種類として、「平硯箱」「重硯箱」「浅硯箱」があり、
裏梨子地・表蒔絵・螺鈿・描金などが施されることもある。
文台と連作になる場合もある。
本阿弥光悦作の船橋硯箱は単独の作で、甲盛り被せ蓋、蒔絵描金の豪奢な代表であるとされる。

硯箱の形式は日本で発達したと思われる。
平安時代には、上下2段に分かれた筆架式と左右に懸子(かけご)を付ける懸子式があり、
この2形式は後世まで引き継がれるが、室町時代以降2形式の折衷式や種々の形式が生まれ、携帯用の掛硯も出現した。

日本独自の文具も生まれ、平安時代に始まる硯箱には工芸品として優れたものが多数残っている。
文書を入れて運ぶための文箱(ふばこ)も日本で独自の発達をとげた。

著名な硯箱として、舟橋蒔絵硯箱(日本国宝)、橋蒔絵螺鈿硯箱(日本国宝)、蝶蒔絵掛硯箱(日本国宝)などがある。

硯を中心に水滴、筆、墨、小刀、錐(きり)など筆記に必要な道具類を収めた箱。
普通は木製漆(うるし)塗だが、木地のまま仕立てたものもある。
古くから貴族、武家など上層階級の調度として発達し、文台や料紙箱とそろいの意匠で豪華に飾られた作品も多い。