墨流し

墨流し ( すみながし )

松脂水の表面に墨や絵具を油と交互にたらして、そこにできた波紋に息を吹きかけて散らし、その上に紙をかぶせて模様を出す技法をいいます。
絵を描くには、普通に筆を使う方法と、特殊な技法で描く場合があります。
この技法は、後者の技法で特殊な描き方ですが、出来上がった模様には独特の味があります。