須恵器

須恵器 ( すえき )

日本古代の灰色の硬質土器。
一部轆轤を利用して作り、穴窯を用いて1200度くらいの高温で焼く。
朝鮮半島から到来した技術により5世紀に誕生し、平安時代におよんだ。
祝部土器(いわいべどき)とも称した。

青黒色、硬質で、弥生土器や土師器とはその系統を異にする。
「日本書紀」には新羅からの渡来人によってつくられたのが始まりとあり、朝鮮でその祖形がみつかっている。
器形には壺、かめ、椀、杯、高坏、器台などがある。
特別なものとしては、大きな高坏に小さな高坏を取り付けたものや、人物像を取り付けたもの、鳥形や家形のものなどがある。
食器、祭器として使用された。