須恵器

須恵器 ( すえき )

日本古代の灰色の硬質土器。
一部轆轤を利用して作り、穴窯を用いて1200度くらいの高温で焼きます。
朝鮮半島から到来した技術により5世紀に誕生し、平安時代におよんでいます。
祝部土器(いわいべどき)とも称しました。

青黒色、硬質で、弥生土器や土師器とはその系統を異にする。
「日本書紀」には新羅からの渡来人によってつくられたのが始まりとあり、朝鮮でその祖形がみつかっています。
器形には壺、かめ、椀、杯、高坏、器台などがあります。
特別なものとしては、大きな高坏に小さな高坏を取り付けたものや、人物像を取り付けたもの、鳥形や家形のものなどがあります。
食器、祭器として使用されました。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。