染付

染付 ( そめつけ )

白色素地に呉須で下絵付をし、その上に釉薬を掛けて焼成したもの。
呉須が還元焼成で青色を呈し、白地に青色の文様となります。
中国では青花・釉裏青と称しています。
呉須で描かれた下絵付ですが、陶磁器の多くは食べ物を入れる器がほとんどで、食べ物との調和が一番とれる色合いが染付で呉須で描かれた器は万人に人気があります。