相国寺

相国寺( そうこくじ )

臨済宗相国寺派の大本山で京都五山第二位に列せられる名刹。正式名称は萬年山相國承天禅寺。
十四世紀末、室町幕府三代将軍の足利義満により創建され、幾度も焼失と復興の歴史を繰り返したが、現存する法堂は日本最古の法堂建築として一六〇五年に再建された物を今に伝えている。
夢窓疎石を開山とし、創建当時は室町一条あたりに総門があったといわれ、北は上御霊神社の森、東は寺町通、西は大宮通にわたり、約百四十四万坪の壮大な敷地に五十あまりの塔頭寺院があったと伝えられている。
相国寺はたびたび火災に遭い創建当時のものは残っていない。
慶長十年(一六〇五)に豊臣秀頼の寄進により再建された法堂は最古の法堂として重要文化財に指定されている。また現在の方丈、庫裡、開山堂、勅使門、総門、浴室、鐘楼、蔵経塔、弁天社は京都府指定有形文化財となっている。
その他、相国寺、鹿苑寺、慈照寺の宝物は承天閣美術館に収蔵され、定期的に公開されている。
鹿苑寺書院にあった伊藤若冲による襖絵や、長谷川等伯による竹林猿猴図、円山応挙の諸作品やその他多くの国宝、重要文化財等と承天閣美術館に収められている。