創画

創画 ( そうが )

日本画団体。
1948年(昭和23)1月、在野精神を尊重し世界性に立脚する日本絵画の創造を標榜するとの主旨のもとに、当時日展の有望な中堅作家のうち山本丘人、福田豊四郎、吉岡堅二、橋本明治、加藤栄三、それに院展系の高橋周桑ら東京側6名と、上村松篁、奥村厚一、向井久万ら京都側7名が参加して創画会の前身である創造美術を結成したのに始まる。
同年9月第1回展を開催、その後51年に新制作派協会と合流し、新制作協会日本画部となる。
同年創立会員の橋本、加藤は日展に復帰するが、その間会員となった新鋭作家が成長して層を厚くし、油絵に接近した実験的傾向の作品を続出させて画壇に新風を送った。
さらに74年5月、新制作協会を離脱、日本画部会員37名全員によって創画会を創立した。
毎年春秋2回の公募展を開催し、現在院展、日展と並ぶ日本画壇の一大勢力となっている。

独創的表現を発表する絵画の公募展、研究会および講習会の開催などを実施している日本画のみを対象とした美術団体のひとつ。
1948年「我々は世界性に立脚する日本絵画の創造を期す」という宣言と共に、創造美術として福田豊四郎、吉岡堅二、山本丘人、小松均、秋野不矩、上村松篁、奥村厚一ら、当時の日本画家十数人が集まり設立。
その後新制作協会日本画部と改名、現在、社団法人創画会となる。
現代日本画の展示、制作、発表を主な活動としている。
従来の伝統的な日本画の枠にとらわれることなく、より実験的で新しい表現を追い求めた作品が多い。
他の日本画の画壇と比べ作風の自由度が高いとされ、注目を集める画家が多数在籍している。
毎年全国各地で展覧会を開催している。