シルクスクリーン

シルクスクリーン ( シルクスクリーン )

1960年代以降、芸術の大衆化とともに盛んになった印刷技法。
木・金属などの枠に絹などの織り目の細かいスクリーンを張り、それを通して版の下に置いた素材にインクか絵の具を直接刷る。
セリグラフィー。

版画や印刷の技法で、孔版(合羽版、謄写版)の一種。
セリグラフィーserigraphyともいう。
絹などの薄い布を枠に張り、白く残したい部分だけを裏から紙などを当てて接着しインクが通らないようにした後,上から布目を通してインクを刷る技法。
孔版の原理は古くから用いられ、旧石器時代の洞窟の壁に残る人の手型はその最も古い例であろう。
その後は散発的にしか用いられていないが、日本の江戸時代の型染に最も洗練された技法として実用化されている。

版画技法の一つ。
セリグラフィserigraphyともいう。
枠に張った絹(ナイロンやテトロンを用いることもある)のスクリーン(幕)を介して印刷する方法で、第二次世界大戦後アメリカを中心に急速に発達した。
用意したスクリーンを紙の上にのせ、枠の中に置いたペースト状のインキをウレタンやゴムのスクィージでしごくようにしてスクリーンの布目に擦り込む。
布目があらわになった部分を通して、紙に図柄が刷り出される。
木版やリトグラフと併用されることも多い。
制作法が比較的容易であり、かなり大版の作品も制作が可能なため、今日の主要な版画法の一つとなっている。
アメリカでは、1950年代後半ごろから、ハード・エッジ、オプ・アート、キネティック・アートなどの展開に伴って多用された。
また、機械印刷的な表現も可能なので、ポップ・アートの芸術家たちも愛用した。