砂高台

砂高台 ( すなこうだい )

器皿の高台の底に砂の痕(あと)が残っているものを呼ぶ言葉です。
これは重ね焼きの際に、高台が溶着するのを防ぐ目的で砂をまいたために生じます。
朝鮮製の茶碗や、初期の伊万里焼きの作品に多く見られます。
昔の陶芸作品が作られた初期の時代の製法で、現在ではそのような製法は使われておりません。