住吉派

住吉派 ( すみよしは )

土佐家の門人であった如慶が住吉家をたてたのに初まり、その子具慶が江戸幕府の御用絵師になって官画として公認され、家業を 世襲したので家系と画系と共に続いて流派となり、京都の土佐家と 並んで江戸地方の大和絵の元締となります。
その門人から板谷、粟田口 の二家が分立しました。
鎌倉時代の慶忍の画と家とをつぐ意味で住吉を姓としたのでしょうが、実際上では無関係です。