襲名

襲名 ( しゅうめい )

先人の由緒ある名跡を継ぐ行事。能楽・文楽・落語家など、さまざまの芸能で行なわれるが、歌舞伎役者のそれが最も豪華で、社会的影響も大きい。当事者はそれまで名乗っていた名より高い名を継ぎ、本人も観客もそれによって芸格の飛躍的向上を期待する。興行的にも話題づくりとして、最良の手段とされている。

親や師匠などの名前を受け継いで自分の名とすること。

個人名の継承形態の一つ。一般的には家族もしくはこれに類似する集団(芸能の流派など)において、その代々の代表者が以前の代表者の個人名の全部を継承する形態である。したがって襲名の対象となる個人名は原則的に各世代の代表者1人に単系的に継承される。先祖の個人名を子孫が継承する祖名継承法は日本においても活発に行われているが、日本の祖名継承法には単系型と双系型の二つの型があり、襲名は単系型の祖名継承法の一形態である。

先代の名跡みようせきを継ぐこと。

古典芸能や伝統的な特殊技術を要する職業で、先祖、父兄、師匠その他先人の名跡を継ぐこと。能、狂言、歌舞伎(かぶき)、人形浄瑠璃(じょうるり)、邦楽、邦舞、落語、講談などの芸能や、刀鍛冶(かじ)、陶工、細工師などの世界でも行われる。名と家を重んじ、技芸の伝承を神格化する日本人の国民性を表し、古来の家父長的な家族制度や、それに関連して成立した家元制度などとも深い関係をもつ。