宿場町

宿場町 ( しゅくばまち )

街道など陸上交通の要地にあって、休泊や運輸などの便を備えた集落。
早くから河口、山麓などに発達して、平安時代には淀川と神崎川(三国川または江口川)の分岐点にあった江口(えぐち)や、その河口の神崎(かんざき)、蟹島(かしま)などには多数の遊女がいて、京都の貴族らも遊興に赴いたほどであった。
宿(しゆく)という名は平安後期から使われ出し、鎌倉時代には駅と併用されているが、しだいに宿が一般的となった。
この時代には東海道の通行が多くなり、天竜川西岸の池田宿、浜名橋西畔の橋本宿などは繁華であった。

江戸時代、五街道や脇往還などに中世以来の宿駅を中心に発達した町。