透かし彫り

透かし彫り ( すかしぼり )

彫金技法の一種。
金属板の一部を鏨 (たがね) や糸のこを用いて切抜き、残った部分で文様をつくる技法。
文様透かしと地透かしの2種があり、鋳造や細線細工による透かし文様とは異なる繊細な表現が可能で、多く貴金属細工に応用される。
日本でも古くは古墳時代の出土品中に作例がみられる。
法隆寺の『玉虫厨子』に張られた忍冬唐草透かし彫の金銅金具や、『金銅透彫灌頂幡』 (東京国立博物館)、正倉院の『銀薫炉』はその代表作。

金属・木・石などをくりぬいて文様を表す技法。
文様を透かして素地を残す方法(文様透かし)と、文様の周りの素地を透かす方法(地透かし)がある。
木彫仏の光背、欄間、刀剣の鐔(つば)などに技巧を凝らしたものが多い。

彫刻で、金属・木・石などの薄板を打ち抜いて模様をあらわす技法。
また、その彫刻したもの。
欄間の彫刻、刀剣の鍔つばなどに見られる。