水墨画

水墨画 ( すいぼくが )

日本では墨画と同意語に使われていますが、中国では水暈墨章画の略語であって、墨による黒一色で濃淡によって、筆法が発揮された絵画のことです。
山水画を中心にして唐時代中期から起り、北宋時代で基礎ができ、北宗画と南宗画との両方で発展して、鎌倉時代に日本に伝わり、室町時代の日本水墨画となりました。
色の究極は 黒 即ち墨にあるといいます。
墨に五彩ありとの思想に裏づけられている東洋画独自の技法と様式のことです。