祥瑞

祥瑞 ( しょんずい )

茶碗の染付のうち最上のものをいい、中国明代末の染付の器の底に「五良大甫 呉祥瑞造」の銘があるところからその名があります。
祥瑞の特色としては、素地が精白で精巧な作りであること、釉掛けは均一で呉須の発色は鮮やかな青色であること、および文様が日本的な意匠であることなどが上げられます。

中国明時代末の崇禎年間(1628-1644年)に景徳鎮窯で作られた染付け磁器のことです。
日本のからの特定の注文により作られ、素地は精白で、丸紋のつなぎ、あるいは散らしの中に、花鳥風月・人物・幾何学模様などを描いたものが多いようです。
一部の器の底に「五良大甫呉祥瑞造」の銘があり、古来染め付け磁器の最上とされています。