自然釉

自然釉 ( しぜんゆう )

燃料の薪の灰が、焼成中の壺なのどの素地の表面にふりかかり、それが融けて釉薬となったものです。
人為的に釉薬がかかっていないことから、自然釉と呼ばれています。
昔は陶芸作品は登り窯で焼かれ、燃料となった草や木の灰が陶芸作品に降りかかり、自然に釉薬が出来ました。
このように自然釉がかかることから現在の釉薬が出来ました。