志戸呂焼

志戸呂焼 ( しとろやき )

遠江(とおとうみ)国志戸呂から産した瀬戸焼ふうの陶器。
寛永年間(1624~1644)小堀遠州の意匠を導入。
遠州七窯(えんしゅうなながま)の一。

遠江とおとうみ国志戸呂で産した陶器。
衰退していたが、寛永年間(1624~1644)小堀遠州の意匠を採用して復興。

静岡県島田市の陶窯。
開窯については諸説あるが、江戸時代初頭には確実に存在していたことが寛永(かんえい)4年(1627)の銘のある葉茶壺(つぼ)によって知られる。
陶技の面からは瀬戸焼の傘下にあり、桃山時代(16世紀末)には茶壺、鉢、皿、天目茶碗(てんもくぢゃわん)、徳利などが瀬戸と同じ黒褐釉(ゆう)と灰釉をかけて焼造され、江戸時代に入ると(17世紀)茶具よりもむしろ日常雑器をおもに製造するようになった。
志戸呂焼を有名にしたのは、江戸初期の茶人小堀遠州にまつわる遠州七窯(なながま)の一つに列挙されてからだが、その選定は江戸末期らしく、遠州と志戸呂焼の結び付きを認める資料はないようである。
なお、窯の伝統は今日も守られている。

東海地方、静岡県の地域ブランド。
島田市で製作されている。
茶人・小堀遠州に好まれ、遠州七窯の一つにも数えられる。
渋みと深みを併せ持つ古代色豊かな風情が特徴。
志戸呂焼の歴史は、15世紀後半は天目茶碗の時代、16世紀後半は筒茶碗・徳利・香炉の時代、17世紀前半から明治時代にかけては黒釉の壺・瓶・椀・皿の時代と大きく三分される。
現在では、抹茶や煎茶の茶器を主として生産。
静岡県郷土工芸品。