七官青磁

七官青磁  ( しちかんせいじ )

中国の明時代以降に龍泉窯で焼かれた青磁の一種です。
光沢の強い青緑色を帯び、概して貫入があるのを特徴とします。
青磁の説明と同じで、七官青磁の色を口で言うのは困難です。
中国の多くの青磁の陶磁器の中でも、人気がある青磁の陶磁器です。