下絵付

下絵付 ( したえつけ )

釉薬を掛ける前に、直接素地に絵付を施したもの。
逆に一度素地に釉薬を掛けて焼いてから絵付を施すのを上絵付といいます。
下絵付は焼成が高火度のため、色数が少なく、染付がその代表です。
最初に絵付けをしたもので、釉薬をかける前に描かれた絵で、特殊な例は初期伊万里に見られ、生掛けと言います。
初期伊万里の特徴はこの生掛けが最大の特徴で、これも下絵付と同じ感覚です。