史跡

史跡 ( しせき )

古墳、集落跡、城跡、古寺の境内などのうち、特に歴史的・学術的価値の高いものを国が指定する。
価値が特に高いものが特別史跡。

文化財保護法によって指定される記念物のうち、日本の歴史の正しい理解に欠くことができず、またその遺跡の規模、遺構、出土遺物等において学術上価値のあるもの。
貝塚、住居跡、古墳、城跡、社寺跡、藩学、文庫、関跡、墳墓、碑、旧宅、園池など。

現在では、狭義の史跡は、国宝、重要文化財、名勝、天然記念物などとならぶ、文化財の種別の一つとなっている。