神道美術

神道美術 ( しんとうびじゅつ )

神道で発生育成された美術の意ですが、神道は偶像を持たないので彫像絵像がなく、いわゆる神社建築を本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)によって生まれた美術が神道美術に属します。