色紙

色紙 ( しきし )

詩、和歌などを書く料紙。元来は白紙に対して色がついた紙の意であったが、平安時代になって詩、和歌を書くための特殊な形の料紙を称するようになった。
形は、大色紙が縦 19.4cm、横 17cm、小色紙は縦 18.2cm、横 16cmで、その他正方形のものや縦横 9cm程度の小型のものも作られた。
白紙のものもあるが文様をすき出したり、下絵や文様を描いたり、金、銀の砂子、箔、野毛をまいて装飾するのが普通であった。
伝藤原定家筆の「小倉色紙」が最古といわれる。
その他「寸松庵色紙」「継色紙 (つぎしきし) 」「升 (ます) 色紙」の「三色紙」が著名。