四条派

四条派 ( しじょうは )

村松呉春は京都四条通に住したので、呉春、村松景文、岡本豊彦などの流派をこうよんでいます。
円山四条派と合わせてよぶこともありますが、円山派よりも技術と様式に軽妙さがあり、明治時代の日本画界に伝統を及ぼしています。