師範学校

師範学校( しはんがっこう )

小学校、国民学校の教員を養成した旧制の学校。明治5 (1872) 年東京に官立師範学校が創設され、のち次第に各府県に公立師範学校が設けられた。 1886年師範学校令が公布されて師範教育の基礎が確立された。 1907年「二部」課程が設けられ、従前の高等小学校からの進学のほか、中等学校卒業後に入学する道も開かれた。 43年専門学校程度の3年制の国立 (当時は「官立」と称した) の学校に昇格した。第2次世界大戦後は学制改革による学芸学部 (学芸大学) 、教育学部設置の母体となった。

教員の養成を目的に設けられた旧制の学校。明治5年(1872)設立。のち、高等・尋常の2種に分け、小学校教員を養成する尋常師範学校をさすようになった。第二次大戦後は、学芸大学ないし国立大学の教員養成学部になっている。師範。

おもに初等教育の教員養成を目的とした学校。日本では1872年学制公布の際官立師範学校を創設、1886年師範学校令により確立され、強い国家統制の下で拡充された。尋常と高等に分け、前者は1897年から各道府県に設置、師範学校と称した。入学資格は高等小学校卒で4年(のち5年)制。1907年同本科に二部を置き中等教育修了者を入れ、1年(のち2年)制とした。後者は高等師範学校とし中等学校教員を養成し、入学資格は中等学校卒で4年制、1908年までに4校設置。いずれも国家主義的教育を行ない〈師範タイプ〉の教師を生み出した。第2次大戦中の改組を経て戦後廃止され、1949年以降,新制大学の教育学部または学芸大学に再編。