信楽焼

信楽焼 ( しがらきやき )

滋賀県甲賀郡信楽地方で産する陶器。
開窯は奈良時代。
甲賀郡雲井村からこの時代の瓦が発見されている。
平安時代以降はこのほか、種壺や酒壺など日常雑器を焼いた。
赤褐色の焼締った地肌に暗緑色の灰釉 (かいゆう) がかかった信楽焼の特色は、平安時代末期頃から現れた。
室町時代末期、佗茶の流行に伴って武野紹鴎が茶器として取上げてから注目され、千利休、千宗旦、小堀遠州、本阿弥光甫、野々村仁清などが信楽の工人に意匠指導を行い、あるいはその土で各種の茶器を焼いた。
信楽の窯は伊賀の丸柱や槇山の窯と近接し、桃山時代以前の作品は両者の区別がむずかしいが、伊賀焼と比べ、形が単純素朴で土のきめがあらく、重量が比較的軽く、灰釉の調子がやや黒ずんでいるなどの特色がある。
江戸時代以降現在まで引続いて生産され、現在は火鉢や植木鉢などの大型の焼物も生産されている。

信楽地方から産する陶器。
鎌倉初期のころ成立、室町時代に茶の湯の勃興(ぼっこう)とともに注目された。
現在は雑器から茶器までが作られる。

滋賀県甲賀郡信楽町一帯で作られるやきものの総称。
その発生の背景には須恵器(すえき)生産の伝統があるとされている。
信楽焼は酸化炎焼成による無釉焼締め陶で、本格的な陶窯は平安末~鎌倉初期ごろから始められたとみられている。
しかし鎌倉時代の遺例は少なく、室町以降に属するものが多い。
中世の古窯址は信楽川をはさんだ丘陵地にあり、5群70基をこすとみられている。
器種は壺,甕(かめ)、擂鉢(すりばち)が主流で、素地(きじ)は長石粒や石英粒を多く含んだ山土を用い、明るく赤褐色に焼きあがったものが多く、肩に檜垣(縄目)文を刻んだり、自然釉のかかったものもある。