瀬戸焼

瀬戸焼 ( せとやき )

愛知県瀬戸市およびその付近で作られる焼き物の総称。
鎌倉時代、加藤景正(かとうかげまさ)が、宋から施釉陶器の技法を伝えたのが創始とされる。
室町末期ごろまでのものは古瀬戸とよばれ、主に唐物(からもの)を模した茶入で知られる。
桃山時代から江戸初期にかけては、茶の湯の隆盛に伴って瀬戸黒・志野・織部・黄瀬戸などの茶器が多く焼かれたほか、日用雑器も作られるようになった。
磁器の製造は、文化年間(1804~1818)加藤民吉父子が肥前有田から染め付け磁器の製法を伝えたのに始まる。
瀬戸物。
瀬戸。

瀬戸焼(せとやき)は、愛知県瀬戸市とその周辺で生産される陶磁器の総称。
日本六古窯の一つ。
東日本で広く流通し、瀬戸物は陶磁器を指す一般名詞化した。