炻器

炻器 ( せっき )

素地が不透明で、原料に粘土と軟らかい陶石を使用し、還元焔で固く焼き締められたやきものです。
陶器と磁器の中間の焼物で、日本では、須恵器・備前焼・信楽焼・常滑焼がこれに分類されます。
どちらかと言えば、昔の簡単な陶芸作品の作り方で、また昔はこのような簡単な焼き方しか出来なかったこともあります。