青磁

青磁 ( せいじ )

胎土・釉薬に鉄分を含ませ、青緑色・灰青色・黄褐色に焼きあげた陶磁器のこと。
起源は灰釉陶器で、漢時代に浙江省北部で完成されたといわれています。
中国陶磁器で必ず出てくるのが、青磁です。
時代や生産地により、色合いや深味が違い、口で説明するには難しいことです。
日本にも青磁は沢山ありますが、有名なのが三田青磁や鍋島青磁が有名です。