讃岐彫

讃岐彫 ( さぬきぼり )

藩を代表する漆芸品として、将軍や大名への進物に利用されるなど名声を博し、また象谷塗、讃岐彫とよばれ、今日の香川漆器の源流となった。

さぬき竹一刀彫とは、木田郡三木町で製作されている、香川県伝統的工芸品。
日本での竹彫は、奈良時代に盛んにおこなわれていたらしい。
讃岐の竹彫は、玉楮象谷が確立した讃岐彫を起源とするといわれる。
煤竹を用い、壁掛・一輪挿し・煎茶具に花鳥風月や仏像などの絵柄を手彫りしてつくられる。

香川の漆芸(讃岐漆芸)は、江戸時代後期に登場した玉楮象谷(たまかじ ぞうこく)によって始められ、「蒟醤(きんま)」、「彫漆(ちょうしつ)」、「存清(ぞんせい)」の三技法が確立されました。
象谷の死後、弟の藤川黒斎(ふじかわ こくさい)は、蒟醤、存清の技法をもとに実用漆器の産業化をはかりますが、制作に手間がかかる事から粗製濫造に至り、明治末期には讃岐漆器の代名詞ともなった存清は姿を消します。
それに代わり漆器産業の中心となったのは木彫りに彩漆を施した「讃岐彫(さぬきぼり)」であり、これらを扱う店「百花園( ひゃっかえん)」とその周辺からは石井磬堂(いしい けいどう)、鎌田稼堂(かまだ かどう)などの彫りの名手を輩出しています。
讃岐漆芸中興の祖とも称される磯井如真(いそい じょしん)は、象谷や黒斎などの作品を通じて研鑽し、大正初期、「点彫り蒟醤(てんぼりきんま)」を創案し、奥行きと立体感を表現することに成功しました。
また磬堂の内弟子であった音丸耕堂(おとまる こうどう)は、多彩な彩漆を用いて、優れた彫漆作品を生み出しています。
1955年に重要無形文化財認定制度が制定され、彫漆で音丸耕堂、翌年に蒟醤で磯井如真が認定され、その後も、85年磯井正美(いそい まさみ)、94年太田儔(おおた ひとし)、2013年山下義人(やました よしと)がそれぞれ蒟醤で認定されています。