三蹟

三蹟 ( さんせき )

三筆に対して同じくわが書道史上三人の勝れた能書家をさしていいます。
即ち平安時代中期に現われた小野道風、藤原佐理、藤原行成 をいいます。