三筆

三筆 ( さんぴつ )

わが書道史上三人の勝れた能書家をさしていいます。
即ち平安時代初期の 嵯峨天皇、空海、橘逸勢であるが、江戸時代に来朝した僧、隠元、木庵 、即非を何れも黄檗宗の僧であるところから「黄檗の三筆」ともいい、同じ江戸時代初期の本阿弥光悦、近衛信尹、松花堂昭乗の三人を「寛永の三筆」といい、市河米庵、貫名海屋、巻菱湖を「幕末の 三筆」といいます。