三筆

三筆 ( さんぴつ )

著名な3人の能書家の意であるが、一般には平安時代初期の書家の代表として空海、嵯峨天皇、橘逸勢 (たちばなのはやなり) の3人をさす。
江戸時代には「寛永の三筆」として本阿弥光悦、近衛信尹 (のぶただ) 、松花堂昭乗、また「黄檗 (おうばく) の三筆」としては来朝した3人の黄檗僧の隠元、木庵、即非をいう。
なお「幕末の三筆」は市河米庵、貫名海屋 (ぬきなかいおく) 、巻菱湖 (まきりょうこ) をいう。

日本書道史上の、優れた3人の能書家。
普通、単に三筆といえば、平安初期の空海(くうかい)(弘法(こうぼう)大師)、嵯峨(さが)天皇、橘逸勢(たちばなのはやなり)をさすが、この初見は江戸中期、貝原益軒編の『和漢名数』である。
空海と逸勢は、783年(延暦2)留学生(るがくしょう)として入唐(にっとう)。
唐文化と書法の修得に努め、多くの法帖(ほうじょう)を将来して、それらを嵯峨天皇に献上している。
この三筆の個性あふれる書の根底には、中国書法、とくに王羲之(おうぎし)の影響が強くみられ、日本書道史の基盤を築いた点で重要な存在である。
このほか、各時代ごとに能書家3人を選んで「三筆」とよぶ習わしがある。

わが書道史上三人の勝れた能書家をさしていいます。
即ち平安時代初期の 嵯峨天皇、空海、橘逸勢であるが、江戸時代に来朝した僧、隠元、木庵 、即非を何れも黄檗宗の僧であるところから「黄檗の三筆」ともいい、同じ江戸時代初期の本阿弥光悦、近衛信尹、松花堂昭乗の三人を「寛永の三筆」といい、市河米庵、貫名海屋、巻菱湖を「幕末の三筆」といいます。