茶合

茶合 ( さごう )

茶器の一。
茶の量をはかるもの。
茶入れに茶を入れる時、茶の分量を量る一種のます。
抹茶用は桜の木で椀(わん)形に作り、煎茶(せんちゃ)用は二つ割りにした竹で作る。
いろいろな図が彫られ、その図によって季節等を表し、有名な作家が作った品物は、高価に売買されています。