龍泉窯

龍泉窯 ( りゅうせんよう )

中国最大の青磁焼造窯のことです。
創始年代は明らかでないのですが、北宋頃 にはあったとみられ、南宋、明頃最も盛んに焼造されその 窯址は竜泉、慶元、処州の三県にわたって多数発見されました。
わが国に将来された中国青磁はほとんど竜泉窯のものと見なされ、南宋時代焼産された青磁第一の謂わる砧(きぬた)は、青磁焼造の技術最高に達した時代の遺品です。
明代には天竜寺、七官の類が生産されました。