轆轤目

轆轤目 ( ろくろめ )

素地の加飾技法の一つ。
ろくろを回転させて素地に指、へら、かんななどで筋状の痕をつけながら、装飾的な柄に仕上げます。
一般的な陶芸作品は、轆轤にのせて回転させて作ります。
その回転することを利用してヘらや削り道具で模様を付けた、その模様のこと。