六古窯

六古窯 ( ろっこよう )

日本古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な6つの窯の総称。

平安から鎌倉時代に始まった窯。
瀬戸、常滑、丹波、備前、越前、信楽を指します。
六古窯以外にも全国各地で鎌倉時代の窯跡が数多く発見されていますが、いずれも淘汰されていきました。
良質の器を安く効率良く生産し、各地へ販路を拡大して産業として根付いたものが六古窯です。