ろうけつ染

ろうけつ染 ( ろうけつぞめ )

正倉院の御物の中にあるろうけつがはじめです。
今のろうけつ染めは大正時代に趣味的なものとして復活されたものです。
布地にろうで図案を描き、染色したあと、そのろうをはがすという染色法。
ろうがひびわれ、その中に染料がしみこんで独特の味を出してくれます。