律令国家

律令国家 ( りつりょうこっか )

律令を統治の基本法とした国家。

律令制度に基づいて支配を行った古代統一国家。日本では大和国家が大化改新後に変質して成立したため、中央官人たる貴族や地方官人たる豪族の勢力が強く残った。
天皇を中心とする中央集権的な国家機構を通じて土地・人民を支配したが、10世紀ごろに解体した。

律令を統治の基本法典とした国家。
中国の隋・唐で確立し、朝鮮をはじめ周辺諸国に波及。
日本でも七世紀半ばから形成され、大宝律令の成立により完成。
整然とした官制の下、多くの官僚がこれを支え、班田収授によって人民に一定の耕地を給する代わりに、租・調・庸・雑徭などを課し、さらに良・賤の身分の別を定めた。
荘園制の進展などにより10世紀公地公民制が破綻する10世紀頃まで続いた。