臨済宗

臨済宗 ( りんざいしゅう )

臨済を開祖とする仏教の宗派で、中国禅宗五家七宗の一つ。第7祖石霜楚円のとき、門下の楊岐方会による楊岐派と、黄龍慧南に始まる黄竜派に二分したが、曹洞宗、雲門宗などに対抗して長く後代に伝わった。日本では栄西が建久2(1191)年に黄竜派の法を伝え、聖福寺、建仁寺を建てて、円・密・禅の三宗兼学の道場としたのに始まる。楊岐派は俊芿が建暦1(1211)年に法を伝え、泉涌寺において戒律と並んで禅法を広めたのをはじめとし、禅宗 24流のうち、20流までが楊岐派の系統になるにいたった。明治以後に各派はそれぞれ管長をおいて独立し、おもな宗派は天竜寺派、相国寺派、建仁寺派、南禅寺派、妙心寺派、建長寺派、東福寺派、大徳寺派、円覚寺派、永源寺派、方広寺派、国泰寺派、仏通寺派、向嶽寺派の 14寺派を数え、妙心寺派が最も大きい。末寺は合わせて六千余寺。

禅宗の一派。唐の臨済義玄を開祖とし、のち黄竜派と楊岐派が立ち隆盛に導いた。日本には栄西が黄竜派の法を受けて建久2年(1191)に帰国、初めて伝えた。参禅問答による自己究明を宗風とする。現在は、天竜寺派・相国寺(しょうこくじ)派・建仁寺派・南禅寺派・妙心寺派・建長寺派・東福寺派・大徳寺派・円覚寺派・永源寺派・方広寺派・国泰寺派・仏通寺派・向嶽寺派の14寺派、および相国寺派から分かれた興聖寺派がある。

中国と日本の、仏教の一派。曹洞(そうとう)、黄檗(おうばく)の2宗にあわせて、禅宗と総称される。唐(とう)末の人、臨済義玄(ぎげん)を祖とし、参禅問答による自己究明を宗旨とする。日本では鎌倉時代以後、宋(そう)朝の臨済宗が伝えられ、栄西(えいさい)の建仁寺(けんにんじ)、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)の建長寺、無学祖元(むがくそげん)の円覚寺(えんがくじ)、円爾弁円(えんにべんえん)の東福寺など、14本山を数え、末寺数は約7000、信徒3万といわれる。江戸初期に始まる本末再編、檀家(だんか)制度の定着で、各派ともに教団としては特色を失うが、妙心寺の関山慧玄(かんざんえげん)の正法を受ける白隠慧鶴(はくいんえかく)の活動と、その門下の師家たちが、厳しく各派の専門道場を守り、一個半個の後継者育成に努め、早くより海外に知られる近代日本仏教として、高く評価されるようになった。