琳派

琳派 ( りんぱ )

江戸時代における絵画を主とする工芸、書などの装飾芸術の流派。
光琳派あるいは宗達光琳派ともいう。
俵屋宗達に始まる画風を尾形光琳が大成し、酒井抱一へと発展した。
絵画は技法、表現ともに伝統的なやまと絵を基盤とし、画面の豊かな装飾性が特色。
この派の作家としては宗達、光琳、本阿弥光悦、抱一のほか尾形乾山、深江芦舟、渡辺始興、立林何帠らがあげられる。

江戸時代の絵画の一流派。俵屋宗達・本阿弥光悦を祖として尾形光琳が大成し、酒井抱一などに受け継がれた。
鮮麗な色彩や金泥(きんでい)・銀泥を巧みに用いた装飾的な画風を特色とする。
宗達光琳派。光琳派。

桃山時代後期、京都に興った美術の流派。〈宗達光琳派〉ともいう。
本阿弥光悦と俵屋宗達が創始し、尾形光琳・尾形乾山によって大成。
絵画をはじめ書や工芸も含む総合性をもち、江戸時代を通して栄えた。

桃山時代後期に興り、近代まで続いた造形芸術上の流派。
宗達光琳派とも呼ばれ、本阿弥光悦と俵屋宗達が創始し、尾形光琳・乾山兄弟によって発展、酒井抱一、鈴木其一(きいつ)が江戸の地に定着させた。
その特質として
(1)基盤としてのやまと絵の伝統、
(2)豊饒な装飾性、
(3)絵画を中心として書や諸工芸をも包括する総合性、
(4)家系による継承ではなく私淑による断続的継承、などの点が挙げられる。 
刀剣の鑑定、磨砺(まれい)、浄拭を業とする上層町衆の家に生まれた光悦は、寛永三筆の一人に数えられる書家であり、陶芸や漆工の分野でもたぐいまれな作品を遺した。