楽焼

楽焼 ( らくやき )

京都の楽家代々の作や、それらと同様の手捏ねの軟陶を楽焼と総称しています。
ことに楽茶碗は茶の湯のために作られた茶碗の最初のもので、その色により赤楽・黒楽などがあります。
楽茶碗は、間に多くの空気を含み、柔らかく割れやすい陶芸品ですが、お湯が冷めにくく、抹茶の世界では一番重宝され、一番は楽茶碗とされています。