螺鈿

螺鈿 ( らでん )

貝殻の薄片を模様の形に切り、漆器に装飾として用いたもの。
貝の入る部分の漆を彫り込んではめ込む方法と、素地に付着させて、漆を塗ってから研出す方法があります。
いずれにしても貝特有の真珠光が漆器面に映えます。