ポップ・アート

ポップ・アート

まさに戦後アメリカの象徴のようなポップアートだが、実は1950年代のイギリス生まれである。
しかし、マスメディアによって日々生産・消費される大衆文化、つまり、広告、漫画、女優の写真、加工された食品類、注目を集める政治家の顔などを、そのまま作品として提示したポップアートは、まさにアメリカのために産み落とされた芸術表現であった。